2012.11.23 私のぶんまで・・ /産科医 竹内正人 takeuchimasato.com

2012.11.23 私のぶんまで・・

2012.11.23深夜
前日に帝王切開をされたお母さんが
突然に呼吸困難をうったえ、それこそ30分ほどで
僕の目の前でなくなっていった。

初診からずっと、外来で見させてもらってた。
普通のお産がいいか、帝王切開がいいのか
一緒に悩んで、一緒に決めた。
ご主人も手術に立ち会ってもらい
みんなで元気で可愛い女の子の
誕生を喜んだ。

それなのに・・・

一睡もできずに当直を空けた朝
祭日で休みだったけど
やっぱり寝れなかった

その日のFBに僕は綴った

いや・・

無力を突きつけられた、当直の夜が明ける
これはどうしようもないことだったのだろうか
自分はベストをつくせたのだろうか

こんなことに直面させられるのも
何か意味があるのだろうか

でも、自分の当直のときでよかったのかな.
いや・・

申しわけないな
ごめんな

これからだよな

なあ・・


1週間は、しなくてはいけないこと以外
何もできなかった

警察からの事情聴取
お通夜への参拝
夫、家族への説明・・・
1ケ月健診
3ヶ月健診

あれから5ヶ月

僕は渦中にずっととどまり
遺された家族とともに時間を歩ませてもらったおかげて
そのまま崩れ落ちることはなかった

これからもお母さんとの最期の時間を忘れることはない
ただし、それは決して悪夢ではなく
困難や窮地におちいると
「先生、私のぶんまで頑張ってね」
と背中を押してくれ
勇気をあたえてくれるシーンとして
僕の中に残っている

ありがとう