2011年トピックスアーカイブ /産科医 竹内正人 takeuchimasato.com

2011年のトピックス

2011/12/28
【寄 稿】 ”絶対のない「いのち」を生きる MOKU1月号
生きる意味を深耕する月刊誌「MOKU」1月号 特集【Stand Up!】
2011/12/24
【講 演】「いいお産の日 in 岡山市2011」
【「子宮」=「地球」!―私のお産とそのままの私ー】のテーマで講演しました
詳細はこちら(47News)詳細はこちら(毎日jp)
2011/12/16
【監 修】妊すぐ冬号(RECRUIT)
妊娠期「やっていいこと」「だめなこと」完全リストを監修。竹内を含めて3人の医師の意見にかなりの違いがあるのが面白い!
2011/12/10
【監修】 miku(ミク) no.27
「uterus 子宮の病気について知ろう」を監修しました→詳細はこちら
2011/12/01
【監 修】ピチレモン2012年1月号(学研)
「心と体のお悩みFILE」を監修しました→詳細はこちら
2011/11/30
【講義】 帝王切開のケア(東京)
誕生学協会、バースコーディネータ向けに「帝王切開のケア」の講義をしました。
2011/11/30
【サイト】 トップページを更新しました
コンセプトに「“女性と子どもが元気”をサポートします」を追加、
Womb Consciousのバナー、業務にMama0°Projectを加えました
2011/11/19
【講演】第11回日本ソフロロジー法研究会学術集会(福岡)
招待講演で「"子宮=地球" 3世代/100年後に優しさを伝える産科へ」のテーマで語りました→詳細はこちら
2011/11/18
【Web】エルオンライン・ELLE online
「産みどきの体」と「若く見える体」の真実 →詳細はこちら
2011/11/11
【新事業】Mama 0°Project (マーマレードプロジェクト)
竹内正人事務所はNPO法人チルドリンとともに、社会参画を目指して頑張るママに、活躍出来る市場とノウハウ、立ち上げ資金を融資する、Mama 0°Project (マーマレードプロジェクト)をスタートさせました。→
グラミンモデル発祥の地バングラデシュ訪問は、このプロジェクトの布石でした。日本と世界の新たな復興モデルを目指します!
2011/11/10
【しきゅうちゃん】プロモーションビデオ・ロシア語版発表
ロシアでも【しきゅうちゃん】が広がってゆくことを願って作成(タチアナロマノワ作)→詳細はこちら
2011/11/07
【朝日新聞】 養子という選択
顧問をしているアクロスジャパン(詳細はこちら)の取り組みが朝日新聞のGLOBEで取り上げられました→詳細はこちら
2011/10/28-11/05
【出 張】バングラデシュ人民共和国
貧困女性が自立できるソーシャルビジネスモデルの立ち上げの模索にバングラデシュ(詳細はこちら)へ行ってきました。
数多くの村々→詳細はこちら
病院、学校、スラムを回ってきました。→詳細はこちら詳細はこちら
2011/10/26
【雑 誌】 アンアンーan an(マガジンワールド)
とうとう、アンアンでも「はじめての妊娠・出産」がテーマに! はじめての妊娠・出産Q&Aを監修しました→詳細はこちら
2011/10/23
【研修会】北海道助産師臨床指導者研修会(札幌)
妊婦健診に関する講義の後、「助産師外来で何を目指してゆけばいいのか」を皆でシェアしました
2011/10/22
【講 演】日本助産師会近畿地区研修会(和歌山)
「絆~愛をつむぐ~ いのちの原点・夫婦のあり方を考える」のテーマで、世界遺産の和歌山・高野山・遍照尊院にて2日間研修会が開催。22日に「赤ちゃんの死へのまなざし~誕生死のケアから僕が教えてもらったこと~」の講演をさせていただきました。→詳細はこちら
2011/10/20
【トークショー】 Kiss&Hug(原宿クエスト)
FM:J-WAVEの公開イベント「KISS&HUG YOUNG FAMILY PARTY」でhitomiさん、シェリーさんとのトークショーに参加しました→詳細はこちら
2011/10/15
【雑 誌】 たまごクラブ11月号
創刊18周年記念・巻頭特集『絶対安産プロジェクト』を監修しました
2011/10/11
【新 刊】 しあわせ妊娠&出産ガイド (大泉書店)
『しあわせ妊娠&出産ガイド ― はじめてママも安心!』を上梓しました
2011/10/10
【雑 誌】 CREA 11月号(文藝春秋社)
メイン企画「母になる!」のQ&Aで回答を担当しました→詳細はこちら
2011/10/8-9
【ファシリテーター】東アジアグリーフケアセミナー
第5回グリーフケアセミナーを仙台で開催、9日の朝ミーティングでファシリテーターを勤めました→詳細はこちら
2011/10/06
【講 演】 第6回東京都母子保健研修(都民ホール)
小さな子供を亡くした家族への支援―SIDSや流産、死産などで赤ちゃんを亡くした家族への関わり方と心のケア―
105分講演後、SIDS家族の会山澤さんとともに質疑応答をしました(参加者、医師、看護師、助産師、保健師など297名)
2011/10/03
【地域医療】 北海道・知床・羅臼町
アドバイザーをしている北海道・知床・羅臼町が社会医療法人孝釧路孝仁会との指定管理者契約が成立、調印式を執り行いました。
2011/09/21
【講 義】 日本誕生学協会
妊婦健診のすすめ方と子宮頸癌(パピローマウイルス)ワクチンの話
2011/09/19
【増 刷】マイマタニティーダイアリー(海竜社)
本年2月に上梓した「マイマタニティーダイアリー」、好評につきこのたび第2刷となりました。→詳細はこちら
2011/09/17
【講演&ファシリテーション】周産期のグリーフケア
(社)埼玉県助産師会の研修会として、『周産期のグリーフケアー赤ちゃんを亡くした母親・家族への援助』の講演会プラスワールドカフェワークショップ【しきゅうちゃんcafe】を実施。(埼玉県深谷市・参加者73名)
今日も、皆さんとさまざまな思いを共有させてもらいました。
2011/09/17
【お知らせ】10・16/KISS & HUG FAMILY PARTY
J-WAVEで毎週土曜日6:00AM~8:00AMにオンエアしているファミリー向けプログラム「KISS AND HUG」が企画する『KISS & HUG YOUNG FAMILY PARTY supported by Aprica and familiar』にゲスト参加します。お申し込みは9/30まで→詳細はこちら
日時 : 2011年10月16日(日)14時開演 (15時終演予定)
会場 : 原宿クエストホール
出演 : SHELLY
トーク&ライブゲスト : hitomi
ゲスト : 竹内正人(行動派産科医)
ご招待 : 未来のママやパパ、そして今、子育てに奮闘中のご夫婦150組300名様をご招待(お友達同士や、親子での参加も可能です)
締切 : 9月30日(金)応募分まで
※当選は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
お問い合わせ : J-WAVE 03-6832-1144(平日 10:00-18:00)
2011/09/15
【監 修】 First Pre-mo 2012年版(主婦の友社)
巻頭特集「妊娠2・3・4ヶ月の過ごし方」を監修しました。
2011/09/05
【特 集】 Childrin vol.34 Topics
顧問をさせてもらっている、NPO法人チルドリン(詳細はこちら)発行のフリーマガジン『Childrin vo.34』の特集(詳細はこちら)で竹内が紹介されました。→詳細はこちら
『「あなたはあなたのままでいい」チルドリンが、人に寄り添うことについて考えるときいつも想い出す産科医竹内先生のことば。これは、まわりの人たちの幸せをサポートする魔法のことば。』
2011/08/28
【ファシリテーション】 帝王切開(神戸)
メディカ主宰の助産師・看護師向け帝王切開セミナー(10:00→16:30)。講義→【しきゅうちゃんcafe】(ワールドカフェ)と展開。参加者は124名でした。皆様、お疲れ様でした。
2011/08/21
【ファシリテーション】コ・メディカルシンポジウム(東京)
MSD(株)主宰・子宮頸癌・HPVワクチン/ガーダシル啓発のシンポジウムで、施設間の情報を共有するワールドカフェシンポジウムをファシリテートしました【しきゅうちゃんcafe】参加者94名
2011/08/19
【Web監修】 ニンプス
ベビーのことがもっとわかる超音波写真の観賞法→詳細はこちら
2011/08/10
【書 籍】 台湾・香港にて3冊目の妊娠本を出版しました。
「しきゅうちゃん」も子宮少将としてデビューしました→詳細はこちら
2011/08/08
【特別養子縁組】
Across JAPANの顧問になり3組目の国際養子縁組に携わりました(日本:カナダ)
2011/08/05
【All About】 行動派産科医の本音 よろず人生相談 vol.9
「妊娠中の母乳ケアは必要?」→詳細はこちら
『・・・忘れてしまいそうですが、私たちは哺乳類なんです。牛さんや豚さんは、おっぱいのケアはしてなさそうなのに、おっぱいでトラブルがあるような印象はありません。なんで人だけ、そんなに手をかける必要があるんだろう……。お産はしょうがないにしても、おっぱいは、まだそのままでいいんじゃないかと思います。』
2011/08/05
【しきゅうちゃん】海外版プロモーションフィルム第一弾
【しきゅうちゃん】のコンセプトを海外にとプロモーションビデオをYouTube上にUPしました→詳細はこちら
[参考]いのちのブログ522:誰もがここからはじまる-Womb Conscious!→詳細はこちら
2011/08/04
【シンポジウム】 第42回日本看護学会-母性看護・小児看護-学術集会(東京)
グリーフケア[看取りと家族のケア]のシンポで「生きて産まれてきた子のように」のタイトルで発表さえてもらいました→詳細はこちら
2011/08/01
【監修・コラム】もっとオンナの病気をお話ししましょ。(集英社)
好評「オンナの病気をお話ししましょ。」の第2弾がでました。マンガで分かる!! 泣いて、笑って、共感して…体験取材コミック。井上きみどり著、僕は監修とコラムを書いています。今回は、卵巣がん・不育症・子宮内膜症・性感染症・月経前症候群(PMS)・パニック障害・子宮体がんについてとりあげました。→詳細はこちら
2011/07/29
【シンポジウム】お産をめぐる喪失と生きがい(東京)
東大人文社会系研究科死生学講座が主宰した、1日シンポジウムで、「喪失と生きがいをサポートする産科学へ」のタイトルでプレゼンをしました。死生学、助産学、産科学、看護学、民俗学、宗教学など、学際的な観点から、お産をめぐる喪失と生きがいについて議論した、興味深いシンポとなりました→詳細はこちら
2011/07/14
【対談】 オンナの病気をお話ししましょう
『オンナの病気をお話ししましょ。』作者・井上きみどりさんと、“良い先生を探すコツ”について、対談記事がUPされました→詳細はこちら
2011/07/07
【特別養子縁組】アクロスジャパン顧問医師になりました
予期せぬ妊娠、望まない妊娠により悩んでいる女性や、出産したあと子育てが出来なくなったご家族、事情により家庭の必要な児童など、家族や児童の国籍による差別なくレスキュー活動を行う非営利のNPO団体、アクロスジャパン(ACROSS JAPAN)の顧問医師となりました→詳細はこちら
2011/07/05
【All About】 妊娠中のセックス
性欲は個人差が大きく、妊娠期間を通して性欲がなくなり、セックスのことなど考えられず、パートナーから求められることが苦痛で仕方ない方がいれば、性欲がより高まって、セックスだけでは満足できず、自慰行為を頻繁にしているという方もいます。もちろん、どちらも異常ではありません。→詳細はこちら
2011/07/01
【All About】 化学的流産(ケミカル・アボーション)
ひとつの精子とひとつの卵子が受精し、その受精卵が着床したことをもって、妊娠といいますが、着床をしても、途中でその発育がとまり、出産にいたらない場合が多くあります。着床をして、妊娠反応が陽性になった後、超音波検査で子宮の中に胎嚢が見えてくる前に、発育が止まり、出血が起こることを化学的流産(ケミカル・アボーション)といいます。
2011/06/26
【All About】 行動派産科医の本音 よろず人生相談 vol.8
「子供は1人?2人?それとも3人?」
→何人でもいいけれど、・・・もし、迷っているのであれば、可能性を信じ、ここはためらわずに「もう1人!」を強くお勧めします。→詳細はこちら
2011/06/25
【セミナー】 メディカセミナー2011 (東京)
「手術で切ってもケアは切らない 助産師が行う帝王切開のケア」参加者76名 講義・ワールドカフェを行い大好評でした。
2011/06/18
【シンポジウム】Safemotherhood と助産
友人の疫学者・津田塾大教授の三砂ちづるさんが主催した日本国際保健医療学会東日本地方会でシンポジストをつとめました。
2011/06/14-15
【国際保健・地域保健】JICA母子保健ワークショップ(北海道・知床・羅臼町)
医療アドバイザーを務めている知床・羅臼町に、アフリカ、中東、南米、アジアなどからの母子保健関係者15名を招き、羅臼の地域保健、母子保健を紹介し、意見交換をしました。
各国が抱えている、地域・僻地医療の諸問題は共通していて、とても興味深い時間でした。漁業の町・羅臼は地理的だけでなく、習慣、風俗なども、日本でも特殊な地域です。
2011/06/04
【第1回しきゅうちゃんcafe】 これから私はどう生きる?
3.11から、3ヶ月が経とうとするのを機に、それぞれの生き方についてをシェアするワールドカフェワークショップを開催しました。(木場・竹内正人事務所にて・参加者15名)
『【しきゅうちゃん】みたいにいろんなことをそっくりそのままふわっと抱きしめられるような、強さ、優しさ、包容力、しなやかさを持てるようになりたいなー…」と、思います。』と、ある参加者から
2011/05/28
【出版協力】文庫本『妊婦は太っちゃいけないの』(新潮社)
2004年出版の同名の単行本(高島系子著)が文庫となりリニューアル。妊娠中と産後に役立つ中医学と漢方の知識をやさしく伝授する名著です。
2011/05/19
【新聞コメント】 帝王切開(読売・夕刊)
帝王切開での出産は今や5件に1件にのぼる。特別な体験ではなくなったのに、正しい知識が浸透せず、「普通に産めなかった」と落ち込んだり、周囲の心ない言葉に傷ついたりする母親がいる。(こころ元気塾:〔帝王切開〕無理解に傷つく産後→詳細はこちら
2011/05/18
【震災関連】 宮城県・石巻へ
被災地のお母さんたちの2ヶ月と、周囲がドミノのように流さても凌ぎきって避難者を招きいれた石の森萬画館のナラティブを取材しに、宮城県・石巻へ日帰り。日和山からの眺望に愕然とさせらるも、生きぬいた方々の逞しさに希望を感じました。
2011/05/14
【講演】お産に寄り添う私たちの今そしてこれから(松山)
お産に関わる自分をもっと意識しよう、というテーマで講演をしました(主宰:愛媛県助産師会/参加者81名)
2011/05/13
【監 修】 AERA with BABY 6月号
1.被災に遭ったときに子どもを守るママの知恵【大丈夫!女性には産む力も、育てる力もあるのだから】
2.俺だって知りたい その14 妻が死産・流産したときは?の巻
2011/05/12
【監 修】 たまごクラブ6月号(ベネッセ)
5月号に引き続き、震災関連の過ごし方を示しました
2011/05/07
【講 義】 RAJA ベビーセラピストカレッジ(銀座)
「お母さんの育む力と赤ちゃんの生き抜く力を知る基礎医学」(4時間)「誕生死を知り、誕生死から学ぶ」(2時間)の6時間集中講義をしました。参加者は医療者でない一般の方々でしたが、最後は皆涙で、それぞれの思いをシェアさせてもらいました
2011/04/29-30
【ワークショップ】 周産期のグリーフケア(東京・お台場)
【周産期のグリーフケアを学び自分をゆるめる春の2日間】ワークショップを開きました。 全国から現場で働く医師・助産師20名が集まり、グリーフケアの方法やあり方を学ぶだけでなく、グリーフを通して、そこにかかわる自分をみつめ、自分を緩める2日間となりました。
2011/04/21
【執筆・監修】 クエスチョン・バンク Select 必修 2012
こちらも恒例のクエスチョン・バンク Select 必修 2012 看護師国家試験問題集(メディックメディア)の作成に今年もかかわりました→詳細はこちら
2011/04/20
【執筆・監修】 看護師国家試験解説2012(メディックメディア)
毎年恒例のクエスチョンバンクの看護師国家試験解説(母子保健・産科)を執筆、監修しました→詳細はこちら
2011/04/16-17
【地域医療】 知床・羅臼町へ
吹雪きの知床・羅臼町を訪問。医療講演会に参加してきました。来年からの医療法人孝仁会との連携準備、保健師さんたちと母子手帳について意見交換。吹雪のため17日「知床雪壁ウォーク2011」が中止になったのは残念でした→詳細はこちら
2011/04/16
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ。23
「子宮体癌後編」、最終回となります。近々、単行本2が発刊予定です→詳細はこちら
2011/04/16
【震災関連】 赤すぐネット(RECRIT)
ママと妊婦さんの「災害対策マニュアル」→詳細はこちら
2011/04/14
【震災関連】 たまごクラブ5月号(ベネッセ)
Tamago Topicsで1ページにわたり被災地の妊婦さんに伝えたいことを特集しています→詳細はこちら
2011/04/14
【震災関連メッセージ】 Premo夏号(主婦の友社)
1面にメッセージを出しました。
おなかの赤ちゃんの持っている「生き抜いていく力」を信じて命をつないでいこう!→詳細はこちら
2011/04/14
【震災関連】 赤すぐ5月号(リクルート)
ママと妊婦さんの災害対策マニュアル 体のケア編を担当しています→詳細はこちら
2011/04/10
【編集協力】 親子健康手帳(博報堂生活総研)
2010 年8 月より、全国のお母さん・お父さんとの対話を通じて、日本の子育て環境の課題解決に貢献できる“次世代の母子健康手帳のカタチ”を造るプロジェクト「日本の母子手帳を変えよう」に編集協力として参加→詳細はこちら
この度、【親子健康手帳】として完成しました。完成前に大震災があり、今後この手帳の展開とともに、妊婦、その家族だけでなく、これから妊娠・出産を考える世代に何が伝えられるのかを模索してゆきます→詳細はこちら
2011/04/09
【イベント】 SAVE THE PEARL チャリティーウォーク(名古屋)
子宮がんの予防啓発のための【SAVE THE PEARL チャリティーウォーク2011】に参加協力しました。主催:NPO法人子宮頸がん啓発協会(シンクパール)→詳細はこちらこちらに送ったメッセージです。
------------------------
おはようございます。産科医の竹内正人です。震災から1ヶ月がたとうとしています。幸い名古屋は直接の被災は受けませんでした。それでも、皆さんの奥深いところには、様々な変化が生じていることでしょう。
すべてを失っても、淡々黙々と日々を生き抜いている人々を思うとき、表面的には何も失っていない僕たちが、逆に勇気をもらっていることに気づきます。
4月9日の今日の子宮の日、あらためてすべての命の原点に触れてもらいたい。おせっかいは承知のうえ、僕たちが考案したメッセージキャラクター【しきゅうちゃん】を、このイベントに参加者してくださったすべての皆さんに
提供させてもらえることになりました。
できるならば皆さんには【しきゅうちゃん】を手にして、歩いてもらえればと嬉しいです。触れることは、触れられること。亡くなった数多(あまた)の命、被災者の方々、原発収束に命がけで取り組んでいる現場の方々、そしてあなたとつながっている大切な方々などに思いを寄せながら、あなたの原点も感じてほしいです。最後に、イベントに関われたすべてのスタッフの皆さんに心より敬意を表します。ありがとう・・  竹内正人
2011/04/01
【総説】 今後の周産期医療システムの方向性(ナースアイ)
季刊 ナースアイ【第28号】特集 周産期医療サービスの展望と可能性を探るに『今後の周産期医療システムの方向性 “つなぐ”人間的モデルへの抜本的改革を』を発表しました。(依頼論文)
「医療には診断、選択、技術提供のような父性的な切り裂き、決断してゆく側面と、そうした事態を包み込むように全体的に見守り、支援するケアといわれる母性的なものとが調和して、初めてバランスが取れる」 今後、医療モデルによって切り離してきた母性的な感覚を取り入れ、“つなぐ”人間的モデルを意識した抜本的な変革が重要であろう。
2011/03/30
【言 葉】 KOTONOHA
2002年に作成した、NHKすくすくネットワークの僕の著作が、国立国語研究所の「現代日本語書き言葉均衡コーパス」に採択されました。→詳細はこちら
2011/03/29
【保健ニュース】 保健総合大百科(少年写真新聞社)
体と心 保健総合大百科 小学校編〈2011年〉―小学保健ニュース・心の健康ニュース縮刷活用版 [大型本]
・”触れることの力”が紹介されています
2011/03/28
【震災関連】 東奥日報(青森)朝刊
被災地妊婦に医師が助言という記事作成にかかわりました→詳細はこちら
(同内容記事が東北各地の新聞で紹介されました)
2011/03/25
【Web監修】 4割のカップルが「して」ない!? セックスレス事情
セックスレスを探る特集!→詳細はこちら
(震災前に作成した記事です)
2011/03/24
【震災関連】 朝日新聞24日 朝刊
31面社会面右上「はっきり情報だして」にコメントを出しました→詳細はこちら
「だれも経験したことない不安は科学データを示されてもぬぐえない。大切なのは、不安な気持ちを受け止める医師らの姿勢です」→詳細はこちら
「医療者も不安をかかえています。私たちも受け止められる必要がある」、というのが追加コメントです。
2011/03/23
【震災関連】 産科医竹内正人のいのちのブログ
東北大震災から、妊婦、乳児をもつお母さんへブログを通して情報提供を続けてきましたが、東京で水の放射能汚染が問題となったこの日、震災前の1日アクセス数300~400ほどのブログに2万のアクセスがありました。
2011/03/23
【震災関連】 TOKYOFM TIME LINE
TIME LINE「震災時のメディア報道と役割」というラジオ番組で、妊娠、乳幼児と水について、ゲストコメンテーター田原総一郎氏の質問に答える形で、電話出演(解説)
2011/03/23
【震災関連】からだとこころの救急箱
仙台在住の漫画家 井上きみどりさんがたちあげた
「からだとこころの救急箱」の取り組みに
協力させてもらうことになりました→詳細はこちら
2011/03/15
【震災関連】 gooベビー
いま、妊婦さんがとるべき行動→詳細はこちら
2011/03/15
【震災関連】Web ニンプス
いま妊婦さんにつたえたいこと→詳細はこちら
【INDEX】
■こんなとき、妊婦はどう過ごしたらいい?
■エレベーターが止まったらどうするのがベスト?
■停電に向けて備えることとは?
■交通渋滞中に陣痛が来たら…
■放射能の影響が心配です
2011/03/15
【チビタス】妊娠・出産に関する言い伝え・噂・迷信TOP20
妊娠中にトイレ掃除をするときれいな子が生まれる」と聞いたことのある妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠出産にまつわる迷信や言い伝え、噂はいろいろあり、医学的根拠がないものも多いのですが、中には一理あるものもあります。読者の皆さんから集まった「妊娠中の言い伝え・噂・迷信20」に産科医の立場から(一部、個人的な意見も)お答えします→詳細はこちら
2011/03/15
【チビタス】 出産・産後の疑問TOP20
里帰り出産に立会い出産、会陰切開や帝王切開など、出産方法や産後の過ごし方にも疑問や悩みがたくさん。なかにはこれという答えがないものもありますが、読者の皆さんから多く寄せられた「出産・産後の疑問・悩み」に竹内正人流にお答えします→詳細はこちら
2011/03/15
【チビタス】 妊娠中の体の疑問TOP20
妊娠・出産で、大きく変化する女性の体。体毛が濃くなる、肌荒れがひどくなる、足がつる、便秘、頻尿、貧血、肌のかゆみなど、出産に向けて女性に起こる体の変化について、読者の皆さんから寄せられた疑問にわかりやすくお答えします。→詳細はこちら
2011/03/15
【震災関連】 妊婦さんへメッセージを出しました2
「妊娠と放射線の情報 2」→詳細はこちら
2011/03/14
【震災関連】 妊婦さんへメッセージを出しました
妊婦さんへー震災を受けてー →詳細はこちら
2011/03/12
【Facebook】 震災関連
東北地方太平洋沖地震ではFBが情報伝達手段として活躍しています。アカウントある方は私のページ(竹内正人:Masato Takeuchi)へもどうぞ
2011/03/01
【監 修】 YOU(集英社) こちら新椿産婦人科
YOU(集英社)2011 No.6/新 こちら椿産婦人科 ~春暖の候~ 人間愛を謳い続けてきたロングラン・シリーズ、ついにグランド・フィナーレ!! 万作と彩に待望の第2子が…? 作:あまねかずみ
2011/03/11
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ22
YOU(集英社)2011 No.7/子宮体がん(前編)についてです。
2011/03/09
【チビタス】 妊娠中の日常生活の疑問TOP20
妊娠したら体を動かさないほうがいいの? それとも今まで通り家事や仕事を続けても大丈夫?など、読者の皆さんから寄せられた「日常生活に関する妊娠中の疑問」にわかりやすくお答えします。→詳細はこちら
2011/03/09
【チビタス】 妊娠中の食べ物・飲み物に関する疑問TOP10
妊娠中に食べたほうがいいもの、食べないほうがいいもの、生もの、カフェイン、アルコール、サプリメント・健康食品など、妊娠中の疑問のなかで、食べ物に関するものも多いです。今回、読者の皆さんから寄せられた「妊娠中の食べ物についての疑問」について、わかりやすく、説明しますね。→詳細はこちら
2011/03/09
【チビタス特集】妊娠中のよくある疑問トップ10
妊娠をすると、思った以上に、いろいろなことが気になりますよね。書籍や雑誌、インターネットなどには数多の情報が錯綜していて、「何を信じていいかわからない!」と不安で、混乱している方も多いことでしょう。今回、読者の皆さんから寄せられた「妊娠中の疑問」について、わかりやすく、説明しますね。→詳細はこちら
2011/03/08
【チビタス特集】解決!妊娠中の素朴な疑問100
初めての妊娠は、心と体の大きな変化も初めての経験で、知りたいことや、わからないことだらけ。妊娠中は何をしたらよくて、何をしたらだめ? 食べ物は? 自転車は?ヘアカラーは?雑誌やインターネット上に情報はあふれているけれど、なかなか答えが見つからないもの。妊娠中のよくある疑問とお悩みにズバッと答えています。力作です→詳細はこちら
2011/03/07
【Tokyo Humanized Care Center】
OBSTETRICS IN RETROSPECTIVE 作成しました→詳細はこちら
2011/03/01
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ21
YOU(集英社)2011 No.6/パニック障害(後編)についてです。
2011/02/21
【Tokyo Humanized Care Center】 GRIEF CARE
Grief support in hospital after prenatal and perinatal loss event
「周産期の死」のケアについて、英語バージョンで発表しました
2011/02/15
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ20
YOU(集英社)2011 No.5/パニック障害(前編)についてです。
2011/02/12
【朝日新聞】 悲しみに寄り添い歩く
朝刊生活欄(p31)に「あなたの安心 赤ちゃんを亡くして」反響編「悲しみ 寄り添い 歩く」の、夫への配慮を求める声のところで「父親である夫への関わりが、なおざりにされてきた」「男性は感情を出すことが苦手。とりわけ医療者は、父親にもう少し注目してほしいと思う」のコメントが紹介されました。
2011/02/05
【新 刊】 マイマタニティーダイアリー(海竜社)
手前味噌になりますが、お勧めの1冊に仕上がりました!! 3世代・100年後のパパ・ママへも届くようにメッセージをつむいだ、マイマタニティーダイアリです。よろしくお願いします→詳細はこちら
2011/02/05
【地域医療】 羅臼町医療再生アドバイザー(釧路)
北海道・道東地域の新たな医療連携を目指して釧路へ行ってきました。今度の展開が楽しみです。でも2日は寒かった!
2011/02/01
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ18
YOU(集英社)2011 No.4 今回は月経前症候群(PMS)のお話しです。誌上でプチ講義を展開しています。→詳細はこちら
2011/01/31
【チビタス連載】行動派産科医の本音 No.5
vol.5 逆子で帝王切開への不安 →詳細はこちら
2011/01/24
【総 説】ペリネイタルケア1月号(メディカ出版)
医療者向けの専門誌、ペリネイタルケアの特集に『第1回旋と異常(反屈位〈頭頂位,前頭位,額位,顔位〉)への対応』に執筆しました。
2011/01/23
【ミーティング】 私らしいお産を考える会(沖縄)
流産・死産で赤ちゃんを亡くされたお母さんとのお話し会に参加しました
2011/01/22
【講演会】 いのちを支える(沖縄・西原町)
初沖縄! 住民との交流もありました。
2011/01/15
【新聞コメント】 赤ちゃんを亡くして(朝日朝刊・生活欄)
本日から5日間「赤ちゃんを亡くして」が特集されます。このうち、2,3,5回目にコメントを出しました
2011/01/15
【よろず相談】 俺(パパ)だって知りたい!
AERA with Baby 2011年2月号『その12 ママのイライラの巻』
われながら秀逸のQ&Aです→詳細はこちら
2011/01/15
【コラム】 オンナの病気をお話ししましょ17
YOU(集英社)2011 No.3「性感染症」→詳細はこちら
きみどりさん描く誌上でプチ講義をしています。登場の仕方が楽しいです。
2011/01/12
【講演】周産期のグリーフケア-国際母子保健のアプローチとして
国際母子カンファランス(国際国際医療研究センター:東京・新宿)
2011/01/06
あけましておめでとうございます
今年も、100年後の世界・社会に優しさを届けられるように、また新たな試みを展開してゆきます。ブレずに、ゆるりと歩んでゆきます。本年もよろしくお願いいたします。